手帳は1月始まりと4月始まりのどっちがいいのか問題

 
どうもー!そらの(@sorano0920)です。
 
今年も4月になり多くの人の新生活のがスタートしましたね。
そんな時に手帳を一新して気持ちを新たにするという人も多いと思います。
 
私も今年の4月からこのブログを始めたということで、1月始まりの手帳を使っていたのですが、4月始まりの手帳に切り替えてみました。
 
今回はそんな時にふと思った、1月始まりの手帳と4月始まりの手帳はどちらいいのか?という問題についてまとめて記事にしていきたいと思います。
 

私が4月始まりの手帳に切り替えた理由

 
今回、ほぼ日手帳2017springに切り替えてみました。
理由は簡単、このブログの始まりと一緒に気持ちを一新したかったからです。
他の4月始まり使いの人もこの理由が最も多いんじゃないですかね、多分。
 
私自身はもともと1月始まり派だったのですが、このブログだけでなく他の新生活を手帳と一緒に変えたいという気持ちを込めて4月始まりにしてみました。
 
今のところ全く変わらず、特に戻したくなったということもなく使えております。
 
 

1月と4月、どっちを使ってる人の割合が多いのか?

 

そもそもどちらを使う人が多いのか気になったので調べてみました。
 

www.excite.co.jp

これによると、1月始まりが85%、4月始まりが15%、となっているようですね。
やはり圧倒的に1月が多いです。
日付がカレンダーと一緒ですもんね。
 
しかし、最近は4月始まりを扱う書店や文房具店も増えており、需要も増加傾向にあるようです。
 
 

4月始まりはどんな人に向いているのか?

 

上記の調べで分かったように、手帳といえば1月始まりが定番ですが、根強い4月始まり派もいるのも事実です。
 
ここではそんな、4月始まりを使っている人たちにはどんな人がいるのか、また向いているのかを箇条書きであげていきます。
 
  • 学生
  • 新社会人
  • 教師などの公務員
  • 仕事(ビジネス)用に使いたい人
  • 子供を持つ親
 
など、春から新生活や新たな目標に向かってスタートする人が多いようです。
4月から様々な行事が始まるという人にもおすすめです。
 
 

使ってみて分かった4月始まりのメリット、デメリット

 

私が実際に4月始まりを使ってみて分かったメリットとデメリットはこんな感じになってます。
 

メリット

年度ごとに区切り、まとめることができるので1年を振り返りやすい
新生活と一緒に始めることができるので、夢や目標のスタートとして使える
学生や新社会人などの若年層のユーザーが多いため、ポップでカラフルなデザインが多い
 

デメリット

デザインの多さは圧倒的に1月始まりの方が多い
1月始まりから切り替えるという人は1月の手帳がかなり無駄になってしまう
 
 

4月始まり派の声

 

ここでは、Twitterで実際に4月始まりの手帳を使っている人たちの声をあげていきたいと思います。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こう見てみるとプライベートと仕事用で1月と4月を分ける人も多いようです

 

そらののまとめ

 

今回は4月始まりの手帳についてまとめて語っていきましたが総括をすると
 
元旦から気持ちを切り替えたい人は1月始まりがおすすめ。
年度替わりに合わせて使いたい人は4月始まりがおすすめ。
 
というまとめになりました。
まあどちらにしても、自分自身の生活に合ったものを選ぶことが、楽しく便利な手帳ライフを満喫するポイントなのだと思います。
 
そらの(@sorano0920)でした。またねー!